コウテイペンギンの寿命は何年?野生と飼育で寿命は違うのか調査

コウテイペンギンの寿命は何年?野生と飼育で寿命は違うのか調査

ペンギンの王様として知られているコウテイペンギン

全長は115〜130センチメートルと、非常に大きなペンギンです。

そんな大きなコウテイペンギンの寿命は一体どのくらいなのでしょうか?

今回は、野生のコウテイペンギンの寿命と、飼育されているコウテイペンギンの寿命についてご紹介します!

野生のコウテイペンギンの寿命は15歳〜20歳程度

一般的に野生のコウテイペンギンの寿命は15歳〜20歳程度だと言われています。

ペンギンという大きなカテゴリで見た時に、寿命は20歳程度。そのため、平均的な寿命だと言えるでしょう。

一見大きなペンギンなので、長く生きるイメージが強いですが、その見た目とは裏腹にどうやら寿命は短いようです…。

飼育されているコウテイペンギンの寿命は最高で28歳5ヶ月の例も

一方で飼育されているコウテイペンギンの寿命を見てみると、長崎ペンギン水族館の「フジ」が、28歳5ヶ月も長く生きていました。

基本的に20歳が寿命であるペンギンですが、南極という厳しい環境ではない飼育されている環境下だと、もう少し長生きするようですね!

まとめ

ペンギンの寿命は犬と同じくらいの20歳程度だということが分かりましたね!

なかなか、家でコウテイペンギンを飼育されるという方は少ないかと思いますが、参考にしてみてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です